食のダイバーシティ最前線! 〜ヴィーガンが抱える”悩み”から考える食のバリアフリー化実現のための交流会〜

共有用URL https://everevo.com/event/62858
開催日程

2021/12/05(日)18:00 ~ 20:30

カレンダーに追加
詳細

こんにちは!

R-StartupStudioのますおです!


みなさん、”ヴィーガン”って知っていますか?

聞いたことはあるけど、何かはよく知らないという方が多いのではないでしょうか?


ヴィーガンとは、肉や魚に加えて、卵・乳製品などの動物由来の食材を摂取しない人のことを言います。

かくいう私も今までは詳しくは知りませんでした。


それを知ったのが、今回のイベントの主催の”Vecipe”創始者である周 澤旭さんとの出会いであり、その出会いをきっかけに”食のバリアフリー化”を考えるようになったのです。



今、日本には、ビーガンだけでなくたくさんの食の嗜好を持っている方がいます。


・ハラール

・ベジタリアン(菜食主義)

・グルテンフリー etc…


そしてこれらの方々も完全に実践している方ばかりではありません。


完全ヴィーガンの方もいれば、半ヴィーガンの方もいます。

そして完全菜食主義の方もいれば、半菜食主義の方もいます。


つまりたくさんの”食の嗜好”があるのです。


そしてこれに気づいた時にハッとしました。

私は今まで私の食の志向が当たり前だと思って人に接してきた。。


食の志向を持っている方の中には、


”最近ヴィーガン始めたけど、周りの人から批判されるのが怖くて打ち明けられない”

”普通の食嗜好の方からレストランに誘われたけど人間関係を壊すのが怖くて無理矢理食べられない料理を食べている”


こんなお悩みがあったりします。


より多くの方が食の多様性の理解を深め、さまざまな食嗜好を認め合い、誰もが笑顔で食卓を囲める世の中を実現できたら素敵だと思いませんか?


そして今回、”食嗜好の違いを超えてみんなが笑顔で一緒に食事ができる世の中”を本当に実現をさせるために、有識者の方を交えてディスカッションをすることとなりました。


さあ、あなたのアイデアでキレイゴトを現実にしませんか?


会場でお待ちしております!



▼当日の流れ

1. パネルディスカッション

2. グループディスカッション

3. 懇親会


▼開催概要

参加費用:無料

開催日時:12月5日(金)18:00〜20:30

開催形式:

・オンライン(ZOOM)

※イベントの詳細、視聴用URLはお申し込みいただいた方にイベント前日までにご連絡いたします。


▼パネルディスカッションテーマ

第一部:ヴィーガンをはじめた当初に生じた人間関係の問題にはどんなものがあるか?

第二部:食のバリアフリー化実現のために私たちにできることとは?


▼主催

Vecipe