【6月30日開催】保育園も選ばれる時代!!園長先生のための「保育理念」&「保育園経営入門」セミナー

共有用URL https://everevo.com/event/50002
開催日程

2019/06/30(日)13:30 ~ 16:30

カレンダーに追加
詳細

保育園も選ばれる時代!!

園長先生のための
「保育理念」&「保育園経営入門」セミナー

おすすめの方
保育園、保育所、託児サービス、学童保育、幼稚園、認定こども園など
保育サービスをされている方や二代目保育園園長先生


保育園も経営破綻する時代


会社設立5年で約85%の企業がなくなり、
10年以上存続できる企業は6.3%というデータがあります。

保育園、幼稚園でも、
最近は経営破綻したニュースが全国的に流れました。

保育士の人材確保が難しい中で、
園長先生も保育士経験がある方が、
そのまま園長先生になっている保育園も多いかと思います。

保育のプロは経営のプロではない

だからこそ、保育園が経営破綻することもあるかもしれません。

 


保育士として働いたことがある、

私だから伝えられることがあります!!


私は、今回講師をする
安次嶺 実奈子(あしみね みなこ)と申します。
沖縄育ち、沖縄在住です。夫と2人の子どもの子育てをしながら、
創業38年、新築デザインカーテン「近光インテリア」
二代目の代表をしています。

経営者になる前は
私自身が保育士資格を持っていて沖縄県内、
県外で実際に現場経験をしました。

私立幼稚園、町立保育園、
認可保育園など様々な職場も経験しました。


保育士として働いていた時は、
子どもたちのために、
部屋の飾り物や誕生日カードなど
手作りの物をたくさん作っていました。

当然ながらサービス残業は当たり前で、
仕事もたくさん持ち帰ってやってました

すべては、子どもたちの笑顔のために、
時間をかけて、心を込めて、
そして、
情熱をもって仕事をしてました。

 

でも、父の病気が発覚!
保育士から企業へ転職したら、

時間をかけずに、
いかに効率よく良いものを
提供するのか。

ということを教えられて、
そのギャップに驚いたのを覚えています。

保育士という職業柄、「貢献マインド」が強い方が多く、
子ども達が喜ぶ姿が嬉しくて、

いろんなアイディアを形にしようと
日々頑張っている方が多いです。

もっと効率よく、それでいて子どもにも「質の良い保育」を
そして、保育士さんの方にも働きやすい環境作りをすることが、
これからの課題だと思います。

 


家族経営


保育園の多くは、
家族経営が多いのではないかと思います。

私も、父の後を継いだので、家族経営でした。

どこの家族経営にもあることだと思いますが、

□ 先代(親)の意見が強い。

□ 家族での意見が噛み合わず、もめる。

□ 保育士に気を使わせてしまう。

□ 保育士には厳しいルールがあるのに、自分たちには甘い。

□ 家族が一番頑張らないといけないと言われる。

□ 現場経験ご、経営へ回る。

□ 経営のノウハウがない。

など、家族経営あるあるですよね。

私が、経営を学ぶことで分かったことは、
家族の縛りが強ければ強いほど2代目が苦しむということです。

 

当たり前ですが、

 

親の時代と2代目では、
親子でも考えかたや想いが違います。

そして、

これからの園長先生は
経営力を身に付けるべきなのです!!

 

私たちJPBAで考える「経営力」の定義とは・・・

 

「未来創造」ができ、目標・目的を自ら設定することができる。

それに対して「問題」を自ら発見し、「解決」できる、

それらを「継続」することができる力

 

とお伝えしています。

 

会社経営は、大きな船に乗っているようなものです。

 

社員、スタッフという船員がいて、

社長の舵取り一つひとつが重要です。

 

ビジネスの未来を見間違うと、

会社の経営はいっきに沈没してしまいます。

 

しっかりとしたビジョンを固め、

それに向かっての目標・目的を明確にする。

いわゆる「理念」をつくる時間が、

後々の経営の軸になります。

 


あなた自身がやりたい保育とは?


想いが違うということは、
経営でいう「理念」が変わるということです。

 

「保育理念」と聞くと、難しそうと思うかもしれませんが、

「理念」とは・・・

保育をしていく上での、
子どもたちや保護者さん、
保育士さんたちに向けての宣言でもあり、

「なぜ私が保育園を経営しているのか」という
自己紹介でもあります。

 

ですので、園長先生が代われば
「保育理念」をリニューアルして変える必要があります。

今の時代、今の園長先生だからこそ言える
理念という理想のゴールを言葉にすることで、
保育士さんや保護者さんにもあなたの想いが伝わり、
地域から「選ばれる保育園」となります。

 


経営力のある「園長先生」になるために


園長先生をしているあなたが、
実際に「経営力」を身に付け、
保育理念を軸に経営をしていくことが、
これからの保育園には必要です。

今回のセミナーでは、
特に大事な部分として経営の軸にもなる

「理念ワーク」

「経営入門」

の2点を中心にお伝えしていきます。

当協会(JPBA)では、
PBF®(パーソナル・ビジネス・フレームワーク)という
経営の本質が学べる117個のフレームワークを提供しています。

こちらを学ぶことで、
商品設計やセールスも含めて経営の原理原則が分かり、
経営者としての視点から、保育園の運営を実践することができます。


実例に学ぶ「お客さんに選ばれる」会社作り


【私の実例です】※2017年5月にインタビューされました。

創業38年のカーテン事業を受け継いだ時、
集客や売上アップが困難な状況に直面。

・今回ご紹介する「PBFメソッド」を学んだ結果、
わずか5ヵ月
で売上が5倍を達成。
・県外からも受注多数
FMラジオ「ハッピーアイランド」、au 街角トピックス出演

・本人よりコメント:

ビジネスもなにもわからなかった私が家族でやってきた創業38年のカーテン事業を受け継いだ時、本当に困りました。リピーターの顧客はいたものの、既存客へのアプローチをしておらず、利益計算が30年前のままで、安く数を売るという販売方法で充分な利益が得られていなかったため、休まず、一生懸命働けば売り上げが上がると思っていました。

それでもうまくいかず、困り果て行き着いたのがJPBAのPBF®(パーソナル・ビジネス・フレームワーク)のカリキュラムでした。

これらを実施することで、家族との時間を確保することができ、リフレッシュでき仕事に集中することができるようになりました。そして、今では完全予約制のみの「顧客から選ばれるお店」作りを実践できるようになりました。

 


「とにかく頑張って働けば良い」を
卒業しましょう!


 

以前の私のように、

「一生懸命仕事をする」=とにかく頑張って働けばいい
と思っている方には、ぜひ受けて欲しい内容です。

一人でも多くの悩んでいる経営者の方に学んでもらい実践し、
早く今の状況から抜け出してほしいと思っています。


「園長先生」なら「聞くだけ」でも価値があります。


【 6月30日(日)にお会いできることを楽しみにしています!】

開催概要

【内容】

第1部
保育理念策定のプチワーク

第2部
保育経営入門

第3部
JPBAの活動報告カリキュラムご案内


【開催日時】

2019年6月30日(日)

開演 13:30~16:30

【開催場所】

沖縄県男女共同参画センター「てぃるる 」特別会議室
那覇市西3丁目11-1

TEL:098-866-9090

 

【講師】

JPBA認定 パーソナルビジネス経営アドバイザー講師
近光インテリア 安次嶺 実奈子

【受講料】

受講料:5400円(税込)

 

【申込方法】

「チケット」を申し込むよりボタンよりお申し込みください。

 

※会場参加ができない方は収録した
セミナー動画をお送りします。

※動画機材トラブルにより収録できなかった場合は
会場参加者を除くチケット購入者にご返金させていただきます。

※申込者都合のキャンセル・ご返金は開催日より
7日前までの受付となります。予めご了承ください。

【特典】

1部・2部 セミナー収録動画

【主催者】

一般社団法人 日本パーソナルビジネス協会
https://jpb.or.jp

【講師プロフィール】

◆JPBA認定 パーソナルビジネス経営アドバイザー講師
デザインカーテン専門店
近光インテリア 代表 安次嶺 実奈子

 

デザインカーテン専門店 近光インテリア 代表

1980年生まれ 沖縄県西原町出身。沖縄キリスト教短期大学 保育科卒業。

県内、県外で保育士としてのキャリアを積んでいたところに、父親の病気発覚し、事業を引き継いだ母の助けになりたいと、創業38年の(有)近光インテリアに入社。営業経験が殆どない中、接客・販売担当になるも、お金のブロックと「安くすれば売れる」との誤解から、高い商品を選んだお客様に対して、あえて安い商品を提案をするなど、低価格で数を売らないとならない状況から赤字が続く。倒産寸前の経営難に陥っていたところに、親川政明氏に師事することを決意。

経営再建にあたり、JPBAでも採用している経営戦略手順を実施。理念設計から始め、自分の在り方・お客様への貢献について軸を固めたところ、それを指針に高単価商品を設計でき、自然と自身のお金のブロックもなくなり、本当にお客様が求めている商品を高価格でも提供できるようになる。そこから、わずか5ヶ月で、それまでの5倍の売上を達成し、経営のV字回復に成功。その後も継続的に右肩上がりの成長を続けている。自身の経営のV字回復の体験から得た、「ビジネスを成功するのに、一番早いのはできる人に相談・真似すること。言われたことを決断し、素直に実行すること。」の教訓から、多くの経営者にもより豊かに生きるチャンスがあることを伝えるべく、JPBAに参画。

【自社事業】

デザインカーテン専門店
近光インテリア
http://www.design-curtain.jp/