everevo

ライブ・クラブ・セミナー・イベントの集客管理ツール : everevo

アフリカビジネスとSDGs ~SDGsをアフリカ市場進出への第一歩に~

アフリカビジネスとSDGs ~SDGsをアフリカ市場進出への第一歩に~

独立行政法人国際協力機構(JICA)後援

開催日程 2018/10/23(火) 15:00 ~ 18:00
チケットのお申込みはこちら
チケット種類 価格 申込
アフリカビジネスとSDGs 参加チケット
残り 38 枚
コンビニ/銀行振込の場合は 2018/10/22 14:00 までご購入頂けます
¥2,000

Event Meta Data

開催日程:

2018/10/23(火) 15:00 ~ 18:00

開場・受付時間: 14:30 ~
主催者:
会場名:
フォーラムエイト(渋谷) 地図を表示
開催地:
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル
募集期間:
2018/09/20(木) 00:00 ~ 2018/10/22(月) 18:00 

イベント詳細:

ビジネスチャンスとしてのSDGs

『わが社もそろそろSDGsについて考えなければ。』『SDGs達成への貢献をアピールできるような事業を検討してくれ。』このような声が、皆さまの会社でもあげられているのではないでしょうか。

2015年9月に国連で採択されて以来、「SDGs」という言葉を耳にする機会が、ビジネスの場でも増えてきています。一部のグローバル企業では、既にSDGsを国際社会が合意した新たなグローバル指標として、また新たな市場を生み出すドライバーとして捉えています。

世界的な消費財メーカーであるユニリーバは、SDGsを毎年3兆ドル規模の新たなマーケットを創造するビジネスチャンスと捉え、「The Unilever Sustainable Living Plan」として経営計画の中に統合し、「2020年までに10億人の健康と衛生を改善する」「小規模小売店経営者に収入向上のためのプログラムを提供する」といった具体的目標を掲げています。

日本では、2016年に「持続可能な開発目標(SDGs)推進本部」が首相官邸に設けられ、2017年には経団連が「企業行動憲章」を改訂し、SDGsの達成を掲げ、会員企業に対して自主的な実践を求めるなど、官民一体の取り組みを推進しようとしています。

しかしながら、日本の時価総額トップ100社の中でCRS報告書にSDGsを取り上げている企業はわずか38社であり、SDGsへの取り組みはまだそれほど進んではおりません。

SDGsを会社経営に取り入れるには

このような状況を踏まえ、当セミナーでは世界の中でもSDGs達成への進捗が道半ばであるアフリカを取り上げ、皆さまの以下のような問いに答えることを目的としています。

・SDGsは今後、どのように会社経営に影響を与えるようになるのか?
・アフリカにはどのようなSDGsに関するニーズがあるのか?
・SDGsをどのように会社経営に活用していけばよいのか?
・先進的な企業はSDGs達成に貢献するためにどのような取組を行っているのか?
・SDGsに関連した事業を進める際に、企業が活用できるスキームにはどのようなものがあるのか?

スケジュール

15:00~15:10 1.Opening
15:10~15:40 2.SDGsの潮流とJICAによる企業との連携事業
(独立行政法人 国際協力機構(JICA)  民間連携事業部 次長 小西 伸幸)
SDGsを取り巻く動き、JICAによる企業との連携事業のご紹介
15:40~16:20 3.アフリカのSDGsニーズと企業活動
(JCCP M株式会社 マネージャー 杉野 晋介)
SDGsが企業に与える影響、アフリカにおけるSDGsニーズと事業例のご紹介
16:20~16:50 4.事例)ユニリーバのSDGsへの取り組み
(ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 
アシスタントコミュニケーション マネージャー 新名 司)
16:50~17:00 5.Closing
17:00~18:00 6.レセプション(名刺交換会) 軽食とお飲み物をご用意いたします
(登壇者、および参加企業)

登壇者

小西 伸幸(こにし のぶゆき)

独立行政法人 国際協力機構(JICA)  民間連携事業部 次長

東京大学卒業後、日本電気株式会社(NEC)の人事勤労グループ勤務を経て、1995年に国際協力機構(JICA)に入構。開発途上国支援のためのプロジェクト形成・監理に携わる。主に職業訓練や工学教育分野を担当。3回のタイ駐在を含め東南アジア地域での業務経験が長い。
現在は途上国の開発課題解決のため、民間企業との連携活動に注力している。

新名 司(しんみょう つかさ)

ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 アシスタントコミュニケーション マネージャー

米国シラキュース大学大学院卒。2004年日本リーバ(現ユニリーバ・ジャパン)入社。2009年から現職。企業広報全般を担当し、ユニリーバ・サステイナブル・リビング・プランの日本市場への展開や、東日本大震災の被災地支援、再生可能エネルギーへの100%切替などに携わる。

杉野 晋介(すぎの しんすけ)

JCCP M 株式会社 マネージャー

大卒後、海外で多くのODA事業を手掛ける株式会社日さくに入社、主にアフリカでプロジェクトの新規開発や管理に従事。モロッコ国JICA専門家、アフガニスタン国JICA専門家、開発コンサルタント会社勤務を経て、今年4月より現職。博士(安全保障)。