everevo

ライブ・クラブ・セミナー・イベントの集客管理ツール : everevo

Agile Japan 2012 サテライト<長野>

Agile Japan 2012 サテライト<長野>

長野でもAgileをテーマに交流をはじめましょう!

開催日程 2012/03/16(金) 10:00 ~ 20:30
受付終了

Event Meta Data

開催日程:

2012/03/16(金) 10:00 ~ 20:30

開場・受付時間: 09:30 ~
主催者:
会場名:
AREC(浅間リサーチエクステンションセンター) 4F会議室 地図を表示
開催地:
長野県上田市常田3丁目15番地1号 信州大学繊維学部内AREC
募集期間:
2012/02/16(木) 12:00 ~ 2012/03/14(水) 08:00 

イベント詳細:

 

IMAGE

Agile Japan 2012 サテライト<長野>


本イベントはAgileJapan2012のサテライト会場となります。
AgileJapan2012の詳細は次のリンクからご参照ください。http://www.agilejapan.org/


長野のサテライト会場は今回はじめての開催です!
一般社団法人長野県情報サービス振興協会(NISA )の新事業研究チームが中心となり主催します。

 

長野のサテライト会場では「Agile(アジャイル)な手法、考え方」に触れる勉強会として開催します。

 

概要
午前は本会場からUst中継視聴。
Ust中継は一般配信されません。サテライト会場のみとなります。ぜひ会場へお出かけ下さい!
お昼は、学食でカジュアルにコミュニケーションをとる時間にしましょう(弁当持参もOK!)
午後は「事例研究」または「ワークショップ」を行う予定。
夕方、早めの時間から懇親会にします。

ソフトウエア開発だけでなくビジネス開発への活用を展望したいと考えています。

協会会員を中心に新事業研究を行っている仲間が集まる予定です。Agileをテーマに交流をはじめましょう!
信州大学の学生ベンチャーHiHopeのご協力をいただき信州大学繊維学部キャンパスにあるARECの施設と学食を会場にお借りしました。

参加費は無料!
懇親会費のみ2000円
参加定員は
合計で50名です。

大勢の皆様のご参加をお待ちしております。    

 

スケジュール

2012年3月16日(金)

時間 プログラム
9:30‐

開場、受付

※本会場のプログラム 『チュートリアル:「Agile In a Nutshell」~ ざっくりわかるアジャイル開発 ~ Jonathan Rasmusson 氏』 はUST中継されません。ご了承ください。

10:00‐10:10

オープニング

10:10‐11:00 キーノート セッション1:  Ustream中継視聴

「The Surprising Science Behind Agile Leadership」
~ アジャイルリーダーシップの背後にある驚くべき科学について ~


Jonathan Rasmusson


担当公認レポーター:
原田 美香 氏(富士通株式会社)
佐藤 嘉亮 氏(NECシステムテクノロジー株式会社)

11:00‐11:50

キーノート セッション2:  Ustream中継視聴

「全体最適のマネジメント改革」
~ 変えるのは現場ではない、マネジメントである ~


岸良 裕司
ゴールドラット・コンサルティング・ディレクター
日本TOC推進協議会理事



担当公認レポーター:
石前 あき 氏(PFP関西スタッフ)
能丸 耕太郎 氏(NECシステムテクノロジー株式会社)

11:50‐12:10

IPAによる発表:  Ustream中継視聴

アジャイルのABCに向けたヒント 
~IPA/SECの調査検討から見えてきたもの~


山下 博之 氏 
独立行政法人情報処理推進機構


担当公認レポーター:
石前 あき 氏(PFP関西スタッフ)
能丸 耕太郎 氏(NECシステムテクノロジー株式会社)
12:20‐13:20

昼食・休憩

昼食は学食にてコミュニケーションランチ。
持参弁当もOKです。参加者同士で交流しましょう!

13:30‐14:30

サテライト<長野>セッション

アジャイル入門

 アジャイルの概要とSCRUMについて

14:30‐15:30

ワークショップ

 アジャイル手法の一つであり、普及が進んでいるSCRUMのワークショップを行います。

15:30‐16:30

事例研究

 最近の事例を提示してどのように取り組んでいけばいいか考えます。
 

「開発の現状とビジネス上の課題」株式会社ガリレオ

自社の経験から次の点をお話いただきます。
1)どんなスタイルで開発が進んでいるか
2)技術的な問題点は何か
3)そのためにビジネス上注意している点および問題点と課題(技術とビジネスの両面から)

16:30‐17:00


クロージング
 

17:30‐20:30

懇親会

信州大学繊維学部 学生食堂にて交流します。
(懇親会費2000円は当日徴収)


※プログラムは変更になる場合がございますのでご了承ください。

 

★3/8 詳細追記しました。申込み〆切を延長して3/14の朝8時までとしました!